FC2ブログ

Sue*(c.love.r) 日々の暮らし                        ときどき handmade

 日々の暮らしの中   おだやかな時間と小さな幸せを  大切に♪  

この頃書いた事

こんな事!あんな事♪

ブログ内検索

これまでの

01  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

今、来てくれてる人♪

現在の閲覧者数:

2019.03.30

常備菜(?)

去年からいろいろと忙しくなってしまっているので
冷凍庫の作り置きしている物
にんじんとたまねぎのみじん切りと一緒に炒めた合いびき肉と
使いやすい大きさに切ったきのこ類

合いびき肉は炒める時に、少しお酒を使うけど
味付けはしていないから使う時に献立に合わせて
味付けして、使う

献立を思いつかない時や時間がない時に便利なので
合いびき肉が安い時に多めに買って作って
二人分ずつに分けて薄い板状にして冷凍

きのこ類は冷凍のまま料理に使えて便利
使う料理に合わせた大きさごとに冷凍


さて、他にどんな冷凍の常備菜を作ろうかなぁ?

おすすめがありましたら、おしえてくださいませ♪


昼間、家事の合間につけていたTVで
観始めて引き込まれてしまった二つの映画

一つは、君が生きた証
親として人として考えながら
いつの間にか、涙してしまった映画

もう一つは、メッセージ
言語が人の脳を作ると言うのは聞いたことがある
だから、他言語を習得するということが
自分自身を拡げていくとも言われるらしい

SF映画なので、いろいろと流れが入り乱れているけれど
それこそがこの映画の意味なんだろう
と、思う

ちょっと、哲学的な映画二つかな?!

2019.03.26

ふつう?

この前、少子化の話をTVで見ながら
つれあいと話したこと

晩婚とかもなのだけど
知り合いの子どもさんがなかなか結婚しないとか
結婚したけれど子どもがなかなかできないとか
自分たちのまわりでもよく聞くようになったとか

今の時点で充足していて
まあ、自己完結していてたら
結婚する意味などないと思うだろうし

今の生活がずっと当たり前のように続くし
いつか自分もしたければ結婚できて
ふつうに子どもを持てると思うのが若さの常

ふつうに結婚も子どもを持つことも
したい時にできるという考え方もあると聞いて

ふつうにと言うことに
そうなのかしら?と、疑問に感じる


若かったとき、周りの友だちと比べて
自分のことを客観視してみたら
結婚も子どもを持つこともどうなることやら
と思っていたから

つれあいと共に結婚生活も子どものことも
それなりの努力の結果で今の自分たちが
いるのだと思っている

いろいろと失敗もして反省して
どうして?なぜ?と、家庭と家族それぞれのために
もちろん自分自身のためにもだけど
家族と話し合ってきた

そして、死ぬまでそれを続けて生きたいね
と、つれあいと話した



根本的な原因を考えずに結果をどうこう判断するのは
未熟な判断につながるのじゃないだろうか
たまたま、私の周りには冷静に考えてくれる人たちがいてくれたから
今の自分たちがいるのだろうと思う

結果は努力が作るとも聞く
努力も愉しみながら続けて生きたいなぁと

2019.03.23

親心・子心

この前のお雛様の謂れの記事を読み返していたら
少し、思い出したことがある

それは、形見分けと言う言葉から思い出したことなんだけれど
実母が死んだ後
実家の家族と実家の片付けをしながら感じたこと

母は急死だったから実家はまだ母の生活の跡がたくさんで
その中で片付けをしているとなんというか
胸が苦しくなって、涙がとまらなかった

家族にとっては不要な物も
母が大切にしていた物だとわかっているから
物と一緒に母の思いなどを
処分しているような気持ちになったし


一緒に買い物に出かけて
素敵だなぁと思って見ている品があると
必ず、これもあれも買ってあげようというので

今は要らないから買わなくていいし
もし、要るようになったら自分で買うから
と言うとすねたりするので

買うときは、少し手助けしてもらうからといって
その場では買わせないようにしていた

母は、実際に必要になるのは
ずっとのちになるだろうと思うような物まで

これは貴方にとかこの品は孫たちにとか
相談もせずに自分自身の考えで
いろいろと買っていたから

そんな品物もたくさんあって
一度には片付けできなかった


母が死んで約15年
未だに実家には両親の物がたくさんあって
片付けは続いている

今月は母の誕生月
まだまだ、片付けさせててごめんねぇ
と言いながら笑っている母の顔が見えるようだ


2019.03.22

春よ♪

昨日の朝、ごみ出しに外に出て
朝日の中、影が伸びているのを見て
ああぁ!今日は春分だ!!と気づいた

我が家の前の道は
春分、秋分の時の朝日の影が
ちょうど並行になるから

今の我が家に移ってきて
初めての春分の日に気づいて家族と話したことも
思い出した


このところ、家族のことで落ち着かない気持ちでいたから
気づかなかったけれど
暖かな陽射しと鳥の声とが柔らかくなっている

我が家の白い木香薔薇も固い蕾が膨らんで
今日のうちには開きそう♪

どうぞ、どこのおうちでも良い知らせが届きますように♪
と、晴々とした気持になれた

2019.03.20

つきあうこと

先日、久しぶりにお茶でも飲みにいらっしゃいなと
お声がかかったのでおよばれしてきた時

いろいろとお話していたら
ふと、夏目漱石の 『 草枕 』 の冒頭の文章の一部
とかくに人の世は住みにくい。
を思い出した

『 草枕 』 を初めて読んだのは、思春期の頃だったけれど
とかくに人の世は住みにくい。と言う部分と
続きの文章の中の
越す事のならぬ世が住みにくければ、
住みにくい所をどれほどか、寛容くつろげて、
束つかの間まの命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。

の部分がすっと心に入って来た



この部分を思い出したのは
人とつきあうことの難しさについて
お話していたからなのだけれど

多少の縁もあってつきあうことになるなら
お互いに気持ち良くつきあいたいものだし
思いやりも忍耐もいるだろう

つきあうことの難しさが面倒だとか
一方的な都合ばかりでは
つきあい続けるのもいろいろと大変だろう

『 草枕 』 風に考えれば
人とのつきあいは面倒くさがっていれば
縁を繋いでいくというつきあうことの
愉し味も喜びも味わえないのじゃないだろうか

と、語り合った午後だった
19 0311

2019.03.19

優先順位

ストレッチの途中でつれあいに呼ばれて
振り向いた瞬間、ズキッ!!

肩甲骨に寝違えたみたいな痛み

以前、つれあいも同じような痛みが出たことがある
加齢かな、無理しないように
と、つれあい

加齢か・・・・・
年々、無理ができなくなっているんだなぁ
と、今更ながら気づかされる

でもね、無理しないようにって言われてもね
家事はしないわけにはいかないのよね
家事ってけっこう身体使うのよね
なんて、心の中でつぶやいてる


だから、のんびりのんびり家事をする

気分転換にお出かけに誘われても
家事の時間を考えて時間の使い方を決めているこの頃



2019.03.16

買っちゃった

二月の終わりくらいからの春の陽気に浮かされて
春色のお洋服が欲しくなった


さて、何を買う?

宮崎は冬が短いから
春から夏の終わりまで使える物
そして、手持ちの物と重ならない物!


というわけで手持ちの物のチェックして
(その時、もう着ない服はリフォームや処理へ)
柔らかな質感とプリーツのスカートかなぁと
あちこちのお店をまわって

変形のドット柄の物とパステルカラーの物を
プチプラのお店で買った


自分のスタイルに合う物でもトレンド感がないと
すこし残念な感じになってしまう

でもトレンド色やトレンド感のある物ばかりだと
せいぜい3、4年も着られるかなぁと思っているから
プチプラで充分だと思っている


持っている服との組み合わせを考えていると
わくわく、うきうきしている自分がいる

予定外のお買い物だったけど
このスカートたちは長く楽しめそうだなぁ♪


2019.03.15

春色♪

みぃ~つっけたっ♪
19 0309
ニトリモールそばの中央分離帯に群生していた菫たち

明るい日差しのもとで咲いていて春を謳歌しているみたいで
なんだか嬉しくなっちゃった

植栽されたいろいろな花たちもきれいで素敵だけれど
こんなふうに自生して咲いている花たちも

2019.03.14

わくわくと

今週はじめ
チャームと鈴でちょっと欲しい物があって
近くのお店で探していたけれどなくて
ネットで買える様だったから注文した

配達日の指定ができなかったので
いつ届くのかしら?と待っていた

待っている間、待ち遠しい気持ちと
なんだかわくわくとしていた

昨日、注文してた品が届いた
開封するのもわくわくしていた

届いた品物を見ながら
いつ、届くのかわからなかったから
わくわくとして
とても嬉しい時間を過ごせたんだなぁと気づいた

何事も合理的にスムーズにできることが
多くなってきたけれど
ちょっとした不便さという愉し味をあじわうことも
わくわくとすることの一つかもしれない






2019.03.13

安定の味

以前のお店の時にはそこそこ行っていたのに
移転してから、遠のいていたお店

先週、お友だちが行ったことないと言うので
ランチに店舗移転以来初めての満月

点心とサラダ
19 0303
メイン
19 0304
19 0305
安定の味で美味しくゆったりといただいて♪

ご飯とスープの写真は撮り忘れてた

これに+200円で2階でのティータイムもあるけれど
イオンモールにお買い物に行く予定なので
次回、ティータイムも楽しむことに


続きはこちら >>

2019.03.06

初音

暖かかった月曜の朝
気持ち良かったから窓を全開にして
洗濯機が動いてる間に掃除したり片づけしたり

洗濯機が止まった頃ちょうど他の家事も終わったので
陽射しが暖かいなぁと洗濯物を干そうと庭に出ようとしたら
椿の木の方から

ホゥホッホッケッキョキョッ
ケッケッキョッ

ホゥホケッキョウゥ

うぐいすの初音だぁ


朝の散歩で通った道沿いの
代掻きが終わっていたたんぼにも水がはってあったし

うぐいすも歌ってるし


なんだか、嬉しくなっちゃった♪♪
19 0302
写真を撮ろうとカメラを取りに行ってる間に
うぐいすはどこかに行っちゃったみたいなので
椿の下の水仙を

2019.03.05

愉しみに

結婚してから長年使ってきたピーラー
切れ味が落ちてきたので買い換えようかとか
同じメーカーの物にしようかどうしようかと考えていた

ニトリモールに用があるつれあいと出かけた時
つれあいが他のお店で買い物している間に
ニトリのピーラーを買うことに

久しぶりにニトリに行ったら
売り場が大きく変わっていたので
買い物よりも散策気分で台所用品の所をうろうろ


結婚の時に実家からもらってきた平皿
この前、割ってしまって残り一枚になってた
使いやすいサイズなので良い物がないかと探していた

セール物の所に
ちょうど同じような大きさの平皿を見つけたので
いつもとはちょっと趣が違うデザインの物を
二枚、かごに入れてピーラーを見つけて

さらにうろうろしていたらつれあいから
買い物を終えたら車に来てね
と、電話

もっと他の売り場も見たかったけれど
つれあいを待たせるのはいやなのでレジへ

今度、一人でのんびり
売り場をリニューアルしたニトリを散策しに来よう♪



2019.03.04

花を飾る

冬の間は、よく薔薇を買ってきて花瓶に活ける
香りも良いし、室内も寒いので長持ちするし
何より、家の中が華やぐ

年末には正月用の花を玄関に活ける

小さな一輪挿しには庭のビオラを

二月は水仙が咲くのだけれど
我が家の水仙は香りが強すぎると
つれあいが嫌がるので室内には飾らない

二月になると
スイートピーや百合も産直のお店に出るから
薔薇と一緒に花瓶に活けたりしている

二月下旬からは桃や桜の枝物も出ていた

先日、日々の行事だし我が家も
桃の枝物をかざりたいなぁと出かけたら
産直のお店でこんな物に出会った

たっぷりの桃の花がなんだか嬉しい♪
19 0301

何本か枝をとって他の花器に生けて飾ろう

2019.03.02

髪も心も♪

この前、いつもの美容室で
久しぶりにヘアカットしてきた

少し、ヘアスタイルも変えたいからと
お話しながら素敵なスタイルになるよう
カットしてもらった

うす曇のお天気だったけど
気持ちは春らしくうきうきと軽くなった♪


その日はちょっと早めに美容室に着いてみたら
あれっ?と美容師さん
予約していたはずですけどと
ラインの予約を見せたら
すみません、記録するの忘れてましたとのこと

予約入れたのは、私の都合で2週間以上も前だから
そんなこともあるだろうなぁ
次回からは、一週間くらい前に
予約のチェックもしようと思って
じゃあ、また予約してきますと帰るつもりだったけれど

たまたま、その時間空いていたので
予約どおりカットできたのでよかった

おかげで春のめまぐるしいお天気で
振り回されるような感じも軽くなって元気をもらえた♪

2019.03.01

柔軟に

昨日、ネットで
お雛様のお下がりはNG
と、言うような記事が出ていた

雛人形は女の子の厄受けの意味もあるから
お下がりは良くないのよと実家でも言われていたので
いまさら何故?
と思いつつ記事を読んだら

業界団体がその話をネットに出したので
話題になって、記事になったらしい

ただ単にそんな謂れもあるよ
くらいの話がどこからか出てきたとしたら
そうなんだねぇ~ですんだのだろうけれど

実際、良いお雛様はそれなりの価格だから
お下がりNG となると
業界団体の方から出たと聞けばお商売だから
と、言われてもしかたないだろうなぁ

昔ながらの伝統だからと
それを必ず守らないといけないわけでもないと思う

折り紙で雛飾りをつくって
厄受けしてもらっても良いし

ひな祭りの行事としての雛人形はインテリアと考えて
お下がりというよりも代々受け継ぐ飾り物としてもいいかもしれない


我が家のお雛様たちは
母の実家が私に買ってくれた物
祖母の実家が母に買ってくれた物
( 母が死んで我が家が引き取った )

孫娘が生まれたら
我が家がお雛様を買ってあげたいけれど
それも子どもたちしだいだし

我が家にあるお雛様たちは主がいなくなったら
それぞれ子どもたちが好きにしたらいいなと思っている

それから、いつの間にか増えた豆雛たち
この豆雛はどちらかと言うと
本来のお雛様と言うよりはインテリア小物と言う感じだから
形見分けでも喜ばれるだろうと思っている

どちらにしても持ち主がいなくなってからの事
おさがりNG の話はしているけれど
柔軟に考えてほしいなぁ









来てくれてありがとう♪

プロフィール

 sue*(スウ*)

Author: sue*(スウ*)
のんびりやなので
ゆっくりと暮らしています。
  
天然石や淡水パールで
アクセサリー作ってます。

> 詳しくは

リンク

このブログをリンクに追加する

ご連絡はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文: