FC2ブログ

美味しい♪

スイーツはあんまり甘いと苦手

でも、食べてみないと好みかどうかわからないから
とりあえず、食べてみる

カヌレ、あちこちのお店の物を食べたけれど
甘さが似ていて私はちょっと苦手な部類のスイーツ

この前、評判が良いお店の
と、知り合いがティーブレイクにと買ってきてくれた
1128.jpeg
絶妙な甘さと食感で美味しい
紅茶に合うカヌレ♪


どこのお店か、聞き忘れた
また、来る時に教えてもらおう


2018/11/30(金) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

応用!

NHKのTVで鰯がテーマの放送がこの前あった

魚の下処理とか調理法とか
知らないことはいまだにたくさんあるから
お勉強だわぁ!!と真剣に見ていた

視聴者の質問コーナーで
冷凍の魚の解凍方法にびっくり!

46~7℃くらいの塩水に1分漬けて
塩水をふき取って
そのあと常温で10分ほどで解凍できる


なるほど!!



昨日、冷凍の鯵の開きを解凍して焼く時
試してみた!

常温の部分を飛ばして
熱したフライパンに入れて
熱湯をまわしていれて蓋をして蒸し焼き

途中でひっくり返してからは蓋をとって
水分を飛ばして焼き終わり

いままでよりも臭みもなく、ふっくらと焼きあがって♪

2018/07/01(日) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

また、作ろう!

0534.jpeg
先日
シフォンケーキが食べたい。と、リクエストあり

少人数だから、買ってきましょうか?と、返すと

手作りでお願いします♪と

それではと久しぶりに
ハンドミキサーやシフォンケーキの型やと
使う道具を出して

オーブンレンジも買い換えて初めてのケーキ作り
付属のレシピ集を読み直し

材料も計量して揃えて作りました!

久しぶりだから、良し。としましょう


2018/05/08(火) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

煮豆!

結婚してすぐの頃
主人の実家で掘りたての生の落花生を
殻ごと塩で煮た物を生まれて初めて食べた

美味しかったので生の落花生をもらうと
塩で煮るようになった

掘りたてではなくて干した殻つきの落花生も
殻をむいて皮付きのまま一晩水に漬けた物を煮る

他の煮豆と同じく、弱火でコトコト煮る

好みの硬さになったらできあがり

そのままでもいいし
塩味にするなり、少し砂糖を加えるなり
醤油を加えてもいいし
いろいろと使えるので便利な落花生の煮豆





2017/11/26(日) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

レシピ♪

つれあいの姉が作った牛蒡の甘酢漬け
作ってみたくてもらったレシピは
量はおおよそだからとねと言われた


牛蒡    500g

砂糖・酢 150g
醤油    100g
味醂     50g

牛蒡を洗い、皮は軽くこそげ落として
食べやすい長さに切って大きさにもよるけれど
立てに割り切る

調味料は良くあわせておく

牛蒡は圧力鍋で好きな柔らかさになるまで煮る
(普通に鍋で煮てもよし)

煮えた牛蒡を
あわせた調味料に入れた鍋でまた一煮たちしたら
火を止めそのまま味をなじませてできあがり


2017/08/19(土) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

立秋をすぎたけど

毎日、雷が大きく鳴り響くし
どしゃぶりの雨が降るかと思えば陽が射して
蒸し暑い・・・・・

暑さ寒さも彼岸までというから
あと一ヵ月半くらいは暑さをしのいで過ごさなきゃ・・・・


暑い中、さっぱりとした飲み物は
あめ色に変色している自家製の柚子の輪切りのはちみつ漬け
それを冷蔵庫用の水のポットにいくつか入れて冷やして
あめ色だった柚子の皮がもとの色にもどったらできあがり♪

ミントを入れたり、新ショウガの細切りを入れたり
大葉の細切りを入れたりして愉しむ♪


2017/08/10(木) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

あれっ?

いただいた卵、大きいなぁ~って思いながら
フレンチトーストを作ろうと割ってみた

おっ!卵黄が!!
続いて2個目を割ったらこれも!!!
0612.jpeg
いただいた卵は卵黄が2つ入った卵だったのでした♪

この卵で作ったフレンチトースト、美味しかった♪♪

2017/06/18(日) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

チョコレート♪

たまにしか食べないチョコレートだけれど
ヴァレンタインのセールの時には
宮崎でも私好みのチョコレートも出るので自分用と
そして、つれあいの好きなナッツやクリーム入りの物
小さめの箱の物を買う

惜しみつつ毎日一粒ずつ愉しみながら♪








2017/02/15(水) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »