FC2ブログ
雨上がりの空
2018年07月09日 (月) | 編集 |
愉しい時間はあっと言う間に過ぎていくのに
苦しく切ない時間はのろのろと際限なく続くように感じる

辛さが重くのしかかって不安ばかりが押し寄せる
いつかこれも過ぎ去るなんて思うことすらできない

そんな日々の中にいる時は日常の事を片付けよう
一つでもできたら、自分を褒めよう
一つもできなくてもしてみようとしたことを褒めよう

誰も見ていなくてもあなた自身は知っているから
自分を笑顔で褒めてあげよう

現実は薄皮を剥ぐようにしか変わらないから
一つ一つの出来事が未来につながっていくのだと
丁寧に

そんなふうに思って

待つ
2018年02月16日 (金) | 編集 |
0203.jpeg
春待ちのバラの蕾

毎日、見ているけれど
寒さの中で大きくなるのも
ほんの少しずつだけ

早く、咲いてほしいなと思いながら
蕾の固さに今は開く準備中ですよと
花の声が聞こえてくるような気がする

春待ちの蕾
咲く日のために
たくさんのエネルギーを蓄えてるところ

花開く時のために
花びらのひとつひとつ
めしべ、おしべのひとつひとつ
香りの準備も


花咲くそのときのための春待つ蕾


あなたも今
何かを待っている時でしょうか?








どんな日にも
2017年12月16日 (土) | 編集 |
雨が降ったり風が吹いたり晴れたり曇ったり
どんな日にも次の日が来る

いつも同じのようだけれど
いつもあたらしくて違う日
1207a_20171215221633108.jpeg


あなたも

雨のしずくのように
風の強さのように
お日様の光りのように
雲の形のように

あなたも
すこしづつ変わっていく


でも
流されていく雨や風や光りや雲と違って
どんな風に変わっていくかは
あなた次第

明日はどんな日に?
明日はどんなあなたに?

どんな日にも次の日が来る


あなたは?
2016年03月13日 (日) | 編集 |
気持ちがなんだか重いなぁ・・・・
と、いう時

何か一つのことを無心にする

お掃除をとても丁寧にするとか
食器棚や本棚、たんすや靴箱など
中の物を全部だして整理してみるとか
靴を磨き上げるとか
庭の草むしりとか

そんなことが私には向いている


ちょっと意外なんだけど
普段はしないネイルを自分でして
遊んでみるのもいい

何種類か持ってるネイルを指ごとに替えて塗ったり
違うネイルを重ね塗りしたり、部分塗りしたり

ネイルアートなんて言えないくらい下手だけど
いろいろと遊んでできあがってみると
下手なのだけど、なんだか面白い


あなたは何をしますか?

音(おと)からの言葉
2016年02月23日 (火) | 編集 |
以前、どこかで聞いた話
「 きょうようがあるしあわせ・きょういくがあるしあわせ 」

その時、脳内で漢字に変換されたのは
「 教養がある幸せ、教育がある幸せ。 」

でも、その言葉の意味を聞いたら
「 今日、用事があることの幸せ。今日、行く所がある幸せ 。」 だった


言葉の音だけだと一緒だけど
漢字も意味も違うことなのにと苦笑しながら
ふと、思った!!

そんな風に言葉の誤変換をしていることや
意味が同じなのに全く違う言葉もあることに
だじゃれみたいだけど、言葉を音だけにしてみるとおもしろい


「 きょうようがあるしあわせ・きょういくがあるしあわせ 」
「 教養がある幸せ、教育がある幸せ 。」
「 今日、(用)がある幸せ、今日、(行く)がある幸せ。 」

それでも、この二通りの漢字に変換された文は
どちらもなんだか、日々の幸せの道しるべのよう

あなたの幸せの道しるべの言葉は
どんな音(おと)を奏でていますか?
どんな文字のつながりですか?

好きと嫌いと
2015年12月02日 (水) | 編集 |
ある物事、あるいは事柄、ある人について
なんとなく好き、なんとなく嫌いという事はある

でも、なぜ好きなのか、なぜ嫌いなのか?

好きなら好きな理由、嫌いなら嫌いな理由を
その対象をわかろう、知ろうとしないで
自分の感覚だけで決めてもいいだろうか?


何かをよく知らないうちに決めるということは
その良さを知る可能性を失うこともあるし
自分自身を井の中の蛙にしてしまうのと同じじゃないだろうか?

それを知ろうと、理解しようとするということは
好き嫌いを決める自分の理由を知ることは
自分自身をも知ることになるんじゃないだろうか?

そして、その自分自身も日々変わっていくのだから
好き嫌いも変わっていくだろう

嫌いだというだけで知ろうとしないということは
日々変わっていく自分自身のこれからの何かを
摘み取ってしまうように思う

そして、その摘み取った何かが与えてくれた可能性を
拒んでしまうということじゃないだろうか?


たとえ他人が言ったことでも受け入れたのなら
それを決めたのは自分だ

そして、その結果を受け取れるのも自分なのだ



これからの自分という可能性はいつもあるのだから

自分の中の好きなところ、嫌いなところもわかっていれば
自分自身を受け入れる準備ができているのだから

今までの自分もこれから変わっていく自分も

そういう日
2015年10月31日 (土) | 編集 |
151005.jpeg
お天気のせいでもなく
自分の気持ちもよくもなく、わるくもなく
ただの一日が過ぎていく

それがつまらないわけでもなく
そんな日々に不満があるわけでもない
ただ、ただ日常の生活がなんでもなく過ぎて
あたりまえのように一日が過ぎていく

ため息をつくわけでもないけれど
でも、なんだかなぁ・・・・と、心が晴れない


そういうときは

なんでもいいのだけど
あたりまえのように感じてしていたことや
何気なしにしている日常の一つのことを
いつもよりも心を込めて丁寧に集中してみる



そういう日もいい

未来へ
2015年06月05日 (金) | 編集 |
いま在るあなたは
たくさんの命のつながりの
最も今を 生きている
14602.jpeg

あなたはあなたの過去から来た現在
でも、その過去はあなたを束縛するものではない

過去があなたを成り立たせている現在だけど
あなたの未来は今現在のあなたが作っていく

環境よりもあなたの意思そのものが
あなたをあなたの未来へ連れて行ってくれる

ともすれば、あなたの育った環境が
あなたの思考を限定しているかもしれない
それはあなたがものごころつくずっと前から
あなたの思考の基礎に根付いているかもしれない

人は自分の思考を客観的に観なければ
そんな限定された過去からの自分自身に囚われてしまう

そして、周りの人たちとの関わり
どうしてあの人はあんな風に考えるのだろう
と、思うあなたは自分の考えであの人の考えを考える

人はみな違うし、時とともに変わっていく
一人ひとりが多様性を持っている

似たような仲間と過ごしているとそれが普通だと思いがち

でも、同じ言葉をしゃべっていても
どれだけ相手の考え方を受け入れることができるかどうか

さまざまなバックグランドを持った人たちと
一緒に生きていく

そんな風に周りの人たちの多様性を受け入れるながら
あなたはあなたを作り上げて
未来のあなたになっていく