FC2ブログ

Sue*(c.love.r) 日々の暮らし      ときどき handmade

 日々の暮らしの中 おだやかな時間と小さな幸せを  大切に♪  

日々のおだやかな時間、小さな幸せを♪ 

2030/01/01 01:01 ジャンル: Category:ご注意!!
TB(0) | CM(2) Edit

びっくりされる方もいらっしゃるかもしれませんね。
月始めとか、何かの折には、PCのテンプレートをかえています。
 

当ブログの
全部の文章と画像の転載・再利用は
すべてお断りしています
 

お店などの写真は個人的に承諾をいただいて
ブログに掲載していますので転載はご遠慮くださいませ

また、お店などの情報は記事を書いた時点のものです
最新の情報など、リンク先についての事などは
ご自身のお考えに基づいてご判断いただきますよう
お願いいたします


免責事項などについて
引用文の著作権は引用元に帰属しています

当ブログは管理人の体験や考え、思いなどを
書いていますので、その点については
よろしくご判断いただきますようお願いいたします


コメントは承認後に公開です 


予定と違っても♪

2019/04/16 09:48 ジャンル: Category:自然&我が家の庭
TB(0) | CM(0) Edit

4月になってだんだんと忙しくなって
庭のお手入れもおろそかに
気づいたら名前も知らない草がビオラの間にたくさん

19 0409

予定とはちょっと違ったけれど
でも、なんだかこれはこれで好きな感じ♪


アフタヌーンティーセット

2019/04/04 08:44 ジャンル: Category:お外で
TB(0) | CM(0) Edit

先月、お友だちと出かけた
東宮花の森にあるカフェとハンドメイド Rosa Blanca ( ロサ ブランカ ) で
要予約のアフタヌーンティーセットをいただきました

ご自宅の一室をカフェにされてて、ハンドメイドの販売もされてました
19 0402
奥からお部屋の入り口を見たところ
ロマンティックなインテリアで落ち着きます
19 0403
入り口の向かいにはチェストの置いてあるコーナー
19 0404
入り口から一番奥のテーブルが私たちの席


花冷え

2019/04/03 13:30 ジャンル: Category:自然&我が家の庭
TB(0) | CM(0) Edit

近くの公園の桜
19 0401

夜と昼の気温差が大きいうえに花冷えも重なって
まだ、満開にはなっていないけれど
青空の下の桜の花は散歩の愉しみの一つ

散歩の途中の家々にも春の花たちが花開いていて
宮崎は花盛りももうすぐ


常備菜(?)

2019/03/30 10:29 ジャンル: Category:食べ物
TB(0) | CM(0) Edit

去年からいろいろと忙しくなってしまっているので
冷凍庫の作り置きしている物
にんじんとたまねぎのみじん切りと一緒に炒めた合いびき肉と
使いやすい大きさに切ったきのこ類

合いびき肉は炒める時に、少しお酒を使うけど
味付けはしていないから使う時に献立に合わせて
味付けして、使う

献立を思いつかない時や時間がない時に便利なので
合いびき肉が安い時に多めに買って作って
二人分ずつに分けて薄い板状にして冷凍

きのこ類は冷凍のまま料理に使えて便利
使う料理に合わせた大きさごとに冷凍


さて、他にどんな冷凍の常備菜を作ろうかなぁ?

おすすめがありましたら、おしえてくださいませ♪



考えさせられる・・・・

2019/03/27 08:28 ジャンル: Category:本&映画&音楽&Art&TV等
TB(0) | CM(0) Edit

昼間、家事の合間につけていたTVで
観始めて引き込まれてしまった二つの映画

一つは、君が生きた証
親として人として考えながら
いつの間にか、涙してしまった映画

もう一つは、メッセージ
言語が人の脳を作ると言うのは聞いたことがある
だから、他言語を習得するということが
自分自身を拡げていくとも言われるらしい

SF映画なので、いろいろと流れが入り乱れているけれど
それこそがこの映画の意味なんだろう
と、思う

ちょっと、哲学的な映画二つかな?!


ふつう?

2019/03/26 10:11 ジャンル: Category:思った・感じた・考えた
TB(0) | CM(0) Edit

この前、少子化の話をTVで見ながら
つれあいと話したこと

晩婚とかもなのだけど
知り合いの子どもさんがなかなか結婚しないとか
結婚したけれど子どもがなかなかできないとか
自分たちのまわりでもよく聞くようになったとか

今の時点で充足していて
まあ、自己完結していてたら
結婚する意味などないと思うだろうし

今の生活がずっと当たり前のように続くし
いつか自分もしたければ結婚できて
ふつうに子どもを持てると思うのが若さの常

ふつうに結婚も子どもを持つことも
したい時にできるという考え方もあると聞いて

ふつうにと言うことに
そうなのかしら?と、疑問に感じる


若かったとき、周りの友だちと比べて
自分のことを客観視してみたら
結婚も子どもを持つこともどうなることやら
と思っていたから

つれあいと共に結婚生活も子どものことも
それなりの努力の結果で今の自分たちが
いるのだと思っている

いろいろと失敗もして反省して
どうして?なぜ?と、家庭と家族それぞれのために
もちろん自分自身のためにもだけど
家族と話し合ってきた

そして、死ぬまでそれを続けて生きたいね
と、つれあいと話した



根本的な原因を考えずに結果をどうこう判断するのは
未熟な判断につながるのじゃないだろうか
たまたま、私の周りには冷静に考えてくれる人たちがいてくれたから
今の自分たちがいるのだろうと思う

結果は努力が作るとも聞く
努力も愉しみながら続けて生きたいなぁと


親心・子心

2019/03/23 07:55 ジャンル: Category:思った・感じた・考えた
TB(0) | CM(0) Edit

この前のお雛様の謂れの記事を読み返していたら
少し、思い出したことがある

それは、形見分けと言う言葉から思い出したことなんだけれど
実母が死んだ後
実家の家族と実家の片付けをしながら感じたこと

母は急死だったから実家はまだ母の生活の跡がたくさんで
その中で片付けをしているとなんというか
胸が苦しくなって、涙がとまらなかった

家族にとっては不要な物も
母が大切にしていた物だとわかっているから
物と一緒に母の思いなどを
処分しているような気持ちになったし


一緒に買い物に出かけて
素敵だなぁと思って見ている品があると
必ず、これもあれも買ってあげようというので

今は要らないから買わなくていいし
もし、要るようになったら自分で買うから
と言うとすねたりするので

買うときは、少し手助けしてもらうからといって
その場では買わせないようにしていた

母は、実際に必要になるのは
ずっとのちになるだろうと思うような物まで

これは貴方にとかこの品は孫たちにとか
相談もせずに自分自身の考えで
いろいろと買っていたから

そんな品物もたくさんあって
一度には片付けできなかった


母が死んで約15年
未だに実家には両親の物がたくさんあって
片付けは続いている

今月は母の誕生月
まだまだ、片付けさせててごめんねぇ
と言いながら笑っている母の顔が見えるようだ



こんな事!あんな事♪
ブログ内検索
これまでの
01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 
今、来てくれてる人♪
現在の閲覧者数: